HOME本会の活動地域の活動 > 三河小中学校長会

地域の活動

三河小中学校長会

平成30年度三河小中学校長会総会

平成30年度三河小中学校長会総会写真

 若葉が薫る5月8日(火)、愛知県副知事石原君雄様をはじめ多くの来賓のご臨席を賜り三河小中学校長会総会・教育講演会が、岡崎市竜美丘会館にて盛大に開催された。
 冒頭、山下選考委員長から平成30年度の役員選考の経過・報告を受け、承認された。

会 長 水野 勝通 (安城・三河安城小)
副会長 中村 則夫 (豊橋・吉田方中)
十河 幸代 (岡崎・六名小)
壁谷 幹朗 (蒲郡・蒲郡南部小)
天野 明典 (豊田・朝日丘中)
会計監査 板倉 功直 (刈谷・刈谷南中)
大林 伸吉 (豊橋・北部中)

 

 水野会長は、就任挨拶の中で、学校経営に直結する多忙化解消の視点での働き方改革の必要性と、教員の年齢構成のアンバランスによる組織的問題への危惧を指摘した。
 そして、こういう時代だからこそ、教員のつながりを意図的に太く強く、感性を磨き、知恵と力を惜しみなく出し合うことによって、魅力ある学校づくりを各学校が競い合って進めたいと述べた。さらに、子どもを中心に据えた教育の普遍性に触れ、「三河はひとつ」を合言葉に、16郡市のチーム性を高めていこうと呼びかけた。
 教育講演会では、愛知県教育委員会委員の広沢憲治氏から「多忙化解消に思う」と題して、ご講演をいただいた。
 その中で、学校以外の諸機関との連携強化や、新学習指導要領がめざす「社会に開かれた教育課程」の創造の重要性に触れ、「学校はここまで変わった」ということを自信をもって示していくことが必要であるという示唆をいただいた。一同、学校経営への意欲と決意を新たにした。
(文・写真 豊橋・中部中 﨑下謙二)

Copyright 2012 Aichiken Shotyugakko Kochokai All rights reserved.