HOME本会の活動地域の活動 > 尾張小中学校長会

地域の活動

尾張小中学校長会

平成30年度尾張小中学校長会総会

平成30年度尾張小中学校長会総会写真

 風薫る、5月11日、尾張小中学校長会総会が多くの来賓をお迎えして、日本特殊陶業市民会館で開催された。
 最初に、平成30年度の役員候補者が提案され、次のとおり承認された。

会 長 東野 真志 (稲沢・大里中)
副会長 木下 眞吾 (蟹江・蟹江小)
浅井 厚視 (津島・南小)
佐藤 益江 (清須・新川小)
会計監査 天埜 幸治 (清須・西枇杷島中)
真山 惠 (半田・乙川東小)

 

 次に、東野会長が庶務・会計等を委嘱し、各議案は全て提案通り承認された。
 東野会長は、冒頭挨拶の中で「校長会の目的達成にむけ、未来を担う子ども達のために全力を尽くしたい」と決意表明した。その後、尾張小中学校長会の重要課題として①新学習指導要領への対応②信頼される学校づくり③多忙化解消の三点を挙げた。そして、縦・横の連携を強め、考え、行動する校長会を目指していくことを力強く呼びかけた。
 総会後、愛知県教育委員会教育長平松直巳様より、「杉浦千畝氏に学ぶ」と題して講演を頂いた。杉原氏の年譜資料を基に、「人道問題であり、自身が首になっても構わない」と語った当時の杉原氏のエピソード等を紹介された。そして、「決して超人的なヒーローとして扱われるのは本意ではない」、「人間としての矜持の問題」と語られた。また、杉原氏が卒業した現在の瑞陵高等学校内に本年10月にオープン予定の「杉浦千畝顕彰施設」の概要についても語られた。
 施設の完成を楽しみに待ち遠しく思うと同時に、人間教育の大切さを感じるよい機会となった。
(文・写真 江南・布袋北小 山岡裕典)

Copyright 2012 Aichiken Shotyugakko Kochokai All rights reserved.